フェーヴ

気球に乗って冒険旅行へ出かけるジュール・ヴェルヌ原作の映画『八十日間世界一周』。上空から見下ろす色とりどりの町並みは、フェーヴを集めたような眺めだったのではないかと、パリを訪れる度に想像します。

フェーヴとはフランスで古くから伝わる陶器製のラッキーアイテム。

元々は、フランスの祝日「エピファニー」の日に食べるガレット・デ・ロワというパイの中に入れるもので、パイを切り分けて食べたときにフェーヴが入っていた人は、その日一日王様になることが出来、そして一年を幸せに過ごせると言われています。

このフェーヴ、世界中に熱狂的なコレクターがいて、今も様々なモチーフで作られています。私たちのお店にも200点以上のフェーヴがありますが、これもほとんどが一点モノ。ケーキやワイン、猫や犬まで、見ているだけで自然と笑顔になるものばかり。

大切な人へのお守りや記念日のプレゼントとして、おひとついかがですか。

Concept

ページトップに戻る