2019.10.25 ミナクマリ×清水ひろたか&pepe伊藤Live

10月のライブは甘い声と幻想的なシタール、黄金ギターの響きの中で、独特な音楽の世界が広がります♪

【日付】2019年10月25日(金)
【開場】18時30分
【開演】19時00分
【料金】前売り3,500円/当日4,000円
☆ワインやビール、ノンアルコール類など、フリードリンク&奈良屋町PIEceさんのスペシャルな軽食付き!

【予約】092-406-6155


minakumari(ミナクマリ) vo.sitar

岡山県倉敷市生まれ。ガールズバンド「CATCH-UP」のソングライター&ギタリストとしてデビュー。3枚のアルバムをリリースする。アジア・アフリカ語学院ヒンディー語科卒業。インドに留学し、インディプラスティー(紅茶)専門学校卒業。インドのコルタカにてシタール奏者、モニラル・ナグ氏に師事。帰国後、CHARA、新居昭乃、リップスライム、ゴンザレス三上(GONTITI)のライブやレコーディングに参加。また、ジェームス・イハ、ハナレグミ、七尾旅人、mabanua、ASA-CHANG、U-zhaanとのセッションに参加するなど、数多くの場で活躍している。2012年フランスでコンサートツアーを開催。NHK朝の連続ドラマ小説『まれ』の劇中で、2ndアルバム「Rang」中の楽曲「I am here」が起用される。2019年4月5thアルバム「shanti, shanti, shanti!」(LP)アナログ盤がchai chai Labelよりリリース。
幻想的なシタールの音色に日本語/ヒンディー語/英語の歌詞をスウィートボイスに乗せて奏でる。新しくもどこか懐かしい童話のような歌世界。


清水ひろたか gt.vo
愛称はSHIMMY。ギタリスト、コンポーザー、エンジニア。89年から音楽活動を開始。オノ・ヨーコ、坂本龍一、デヴィッド・バーン、ルー・リード、ショーン・レノンなど国内外のアーティストのレコーディング、ライブに参加。2003年からドラマーあらきゆうこのMI-GUの全アルバム・プロデュースを手掛け、テキサス、NY、ロス、サンフランシスコ、アイスランドといった海外でもライブを行う。2006年からコーネリアスのTHE CORNELIUS GROUPに参加し、以降の日本国内を含むワールドツアーでもプレイ。2009年にオノ・ヨーコのPLASTIC ONO BAND「BETWEEN MY HEAD AND THE SKY」にギタリストとして参加し、ニュー・アルバムのレコーディングにも参加。2011年にはチボ・マットの本田ゆか、ペトラ・ヘイデン、あらきゆうこと共にバンドIF BY YESとして1STアルバム『SALT ON SEA GLASS』をキメラ・ミュージックよりリリース。同作にはデヴィッド・バーンやウィルコのネルス・クライン、コーネリアスがゲスト参加。2012年には、MIKE WATTと63曲入り問題作「SPIELGUSHER」を制作、加えてMIKE WATT、NELS CLINE、あらきゆうこと共に結成したプロジェクト、BROTHER’S SISTER’S DAUGHTERの1STアルバムも2014年にリリース。自身のソロ・アルバム『3579』を2013年にリリースしている。


pepe伊藤 gt.
九州在住のギタリスト。ブラジル音楽を本村清博氏に師事。近年はブラジル、ウルグアイ等、南米の音楽に傾倒し、形式にとらわれず活動。特にシンガーからの信頼が厚い。
福岡在住の、そして国内外の様々な音楽家や芸術家との共演を通し、表現を続けている。
その粘りあるグルーブを紡ぎ出す熱いプレイと歌心に溢れたフレーズは、常に聴く者の心を揺さぶる。
[blog]  http://pepe to.blog10.fc2.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップに戻る